【たまたま通信】近況など/敏感肌なのかもしれない

殺伐としたインターネットにお地蔵さんを
小川たまか 2022.11.28
誰でも

 こんにちは。お久しぶりです。

 今日はさくっと近況など。

 夏に関東から関西に引っ越してからというもの、ほとんど外食もしていないし、観光地なのにそんなに観光もしていないです。先日出た友人のエッセイを読んだら、彼女はとってもいろんな人に会っているので、それに比べて私の内向的なことときたら!とびっくりしました。

 健康のためにほぼ毎日ウォーキングをしていると、頭の中で必ずナレーションが流れ始めます。映画の予告みたいな。「新天地を求め、川べりの町に引っ越してきた、売れないライター」みたいな。川べりの町じゃないけど。

 映画ならここから売れないライターと傷ついた何某かの淡い交流が始まるのですが、私は一人です。

とはいえ最近、誘ってもらって行った朝市でうどんを食べました。おいしかったよ!
とはいえ最近、誘ってもらって行った朝市でうどんを食べました。おいしかったよ!

●敏感肌なのかもしれない

 マスク生活になってからというもの、もうずっと肌が絶不調。鼻周辺と口周りが荒れたり、鼻の上に吹き出物が2〜3つもできたり……っていうてんやわんやなことになっています。肌荒れって本当に気持ちが沈む。

 私は思春期の頃からずっとニキビに悩まされ、それでなくても毛穴が開きやすくゴワゴワしていて、美肌の友達をずっと羨んできた人生でした。とはいえ30を過ぎたあたりからは目立った肌荒れも減って、今後はシミシワには悩むだろうけれど、赤み腫れ吹き出物みたいなのは落ち着くかな〜と思っていたのに、まさか40代になってマスク生活ゆえのこんなことになるとは。

 で、このような感じになって初めて、私はもしかして敏感肌なのではないかということに気づきました。

 なぜこれまで自分と「敏感肌」を結びつけて考えてこなかったのか。

 理由は、私はなぜかずっと、敏感肌=どちらかというと美肌、だと思っていたからです。敏感肌とは、色白できめ細やかな肌だけど、少しの刺激で赤くなってしまう(でもすぐ治る!)みたいなものを想像していた。

統一感ゼロのスキンケア用品
統一感ゼロのスキンケア用品

 ファンデーションで「明るい肌タイプ」を選べないのと同様に、「敏感肌用」も選んでませんでした。選ぶときは「敏感肌用は普通肌用も兼ねるはず」などというエクスキューズが自分に対して必要だった。

 でもよく考えたら、敏感肌=美肌なんて誰も言ってないわけで、私が勝手に「敏感=繊細で美しい→それは私ではない」と考えてしまっていただけなんですよね。思い込みってすごい。

 引っ越し先で新しい皮膚科を探すのが億劫で、まだ病院にも行っていませんが、頑張ります(たぶんあんまり頑張らない)。

●ネコの性格が違う

 引っ越しとともに一緒に暮らし始めたネコ2匹(母ももちゃん11歳/息子アンちゃん10歳)は順調にかわいいです。

 ただ、親子なんだけど仲が良いわけではなくて、甘えたがるアンちゃんに対してももちゃんが威嚇で拒否する毎日。ももちゃんは気難しい性格だけど私にはかわいい声で甘えるのに、アンちゃんがそばに来ると途端に低い声でぐるる、シャーってなってしまう。

 ももちゃんが「誰の子?」みたいな顔をするのでアンちゃんが気の毒なんですが、でも大きさはももちゃんが3キロ、アンちゃんが2倍の6キロなので、ももちゃんはたぶん息子とはいえアンちゃんがちょいと怖いんだろうなあと見てて思います。

ももちゃん(奥)を撮ってると必ずフレームインしてくるアンちゃん(手前)
ももちゃん(奥)を撮ってると必ずフレームインしてくるアンちゃん(手前)

 面白いのが2匹の性格が全然違うことで、甘え方も違うし遊び方も違う。

(甘え方)

もも:私の周りをうろうろして頭をゴツゴツぶつけてくる/膝には乗らない/なでるのは1日に3回まで

アン:手でポンと触ってきて「なでて」っていう/最近では膝に乗ってくる/ずっとなでてほしい派

(遊び方)

もも:猫じゃらしにじゃれる/ヒモにじゃれる/蹴りぐるみを蹴る/段ボールなど箱には入らない

アン:猫じゃらしにじゃれない/ヒモにそんなに関心ない/蹴りぐるみはすりすり派/段ボールなど入れるものにはなんでも入る

(寝るとき)

もも:かけ布団の中に潜る/私の足元で必ず寝る/起こすまで起きてこない

アン:かけ布団には入らない/私の枕元で必ず寝る/先に起きて人間が起きるのを待っている

(噛むか否か)

もも:怖いときに俊敏に噛む/とはいえ避けられる

アン:なでていると「お返しね」みたいな感じで噛む/ゆっくりなので避けられる、甘噛みなのであえて噛まれることもある

 同じネコでもこんな違うのがわかっただけでも2匹飼って良かったな〜って思っています。

足元にいるももちゃんを蹴らないように、最近はこんな感じで寝ています
足元にいるももちゃんを蹴らないように、最近はこんな感じで寝ています

●オンライン講演のときに

 秋は講演シーズンで、私なんぞのところにも講演のご依頼をいただいたりします。19日には江戸川区の男女共同参画さん、26日には練馬区の男女共同参画さんに呼んでいただいて、それぞれオンラインでお話ししました。

 自宅からなので、2匹が後ろでけんか始めちゃったらうるさいなと思ってケージに入れてみたのですが、悲痛な声で抗議されてしまって断念。19日の講演のときは最初に「ネコがないたらすみません!」ってことわったら、その後2時間、かつてないほど大人しくしていました。

 これを良きことに26日には「先週、最初にことったらそれを聞いたのか静かにしてくれたので、今日も大丈夫かもしれません!」と言ったら、この日は少しなきました。すみませんでした。

ももちゃんが起こされるのを見にくるアンちゃん(毎日)
ももちゃんが起こされるのを見にくるアンちゃん(毎日)

 そんな感じでえっちらおっちらと生きています。ツイッターはもういいやって思うものの、マストドンの使い方がわからなくって別に始めなくてもいいのかなって思っています。最近、映画『プロミシング・ヤング・ウーマン』を見たので、気が向いたらネタバレありの感想を書こうと思います。来年年明けぐらいに、新刊のお知らせをできる……ような気配があります。とても頑張ります。

 それではまた。11月28日。

「たまたま通信」をメールで読みませんか?

無料で「たまたま通信」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
【たまたま通信】軽率に引っ越したい
読者限定
【たまたま通信】食べたいものを食べている
読者限定
【たまたま通信】2023年よろしくお願いします
読者限定
【たまたま通信】虚偽DMCA(著作権侵害通報)を刑事告訴した結果、相手...
誰でも
【たまたま通信】勉強が必要(辺野古へ行ってきました)
誰でも
【たまたま通信】エモよりデモを
誰でも
【たまたま通信】猫が来ました、2022秋
誰でも
【たまたま通信】私はダンボールを捨てたい
誰でも