たまたまレビュー#10 『コール・ジェーン』

「妊娠?助けが必要?ジェーンに電話を」
小川たまか 2024.04.08
サポートメンバー限定
***

たまたまレビューでは、書籍・漫画・映画・ドラマなどのレビューを思ったままに書いていきたいと思います。大体週末の午後に更新します。

***

今週の映画

▼『コール・ジェーン-女性たちの秘密の電話』(フィリス・ナジー監督)

▼映画『コール・ジェーン』公式サイト

簡単なあらすじ

 1960年代のアメリカ。弁護士の夫、15歳の娘と暮らすジョイは妊娠中に心臓病が悪化し、出産すれば命に関わると告げられる。しかし当時のアメリカでは少数の例外を除いて中絶が違法。主治医が50%の確率で命を落とすと説明するにも関わらず、男性ばかりの医師会はあっさりと中絶は認めないと判断する。行き場を失ったジョイは、バス停に貼られている張り紙を見つける。そこには「妊娠?助けが必要?ジェーンに電話を」とだけ書かれていた。

※以下、ネタバレを含みます。

最初の30分は少ししんどい

 約2時間の映画だが、私は最初の30分は若干しんどかった。

 ジョイは裕福な家庭の専業主婦。夫婦仲はとても良く、思春期の娘とのコミュニケーションも問題ない。けれど彼女は夫・ウィルに対してほんの少しだけ遠慮がち。弁護士のウィルが準備書面のアドバイスを求める場面で、二人は大学で出会い、その頃の彼女は成績優秀だったと伺わせるやり取りがある。だからウィルはジョイを信頼しているのだけれど、ジョイはどこか不安げである。

 妊娠中に具合が悪くても、すぐには病院へ行かない。まるで誰かから何か言われることを怖がるように。

 娘と夕飯を支度している途中で、ついにジョイは倒れてしまう。病院へ運ばれ、主治医から出産すれば命の危険があると告げられる。キリスト教を信仰し、保守的な思想の持ち主である夫婦にとって、そのとき中絶は一切頭になかった。

 中絶が違法な当時のアメリカではあるが、医師たちがやむを得ないと判断した場合のみ、堕胎手術が許される。医師たちの会議に夫婦で訪れたジョイは手作りのクッキーを皿に乗せ、笑って挨拶する。けれどジョイ以外全員が男性のその会議で、ある医師は「この病院では過去10年間に1度しか中絶手術を行ったことがない」と、まるで誇らしいことのように言う。

 「母体の危険は?」と聞くジョイを無視して、彼女の中絶を認めない決定がなされる。ジョイはクッキーの皿を持って、夫より先に退出する。弁護士のウィルは、ここで一言も言葉を発さない。

 この後ジョイは、違法な中絶手術を行っているビルの一室を訪れるが、怪しげな雰囲気に耐えきれず逃げ出してしまう。その街は治安が悪く、キャットコールを浴びせられる中で駆け寄ったバス停で、「ジェーンに電話を」の張り紙を見つける。

 電話をすると、グウェンという黒人の女性が車で迎えに来て、場所がわからないように目隠しをして連れて行かれる。そこでジョイは600ドルと引き換えに男性医師ディーンから中絶手術を受ける。

 太ももへの注射や膣への器具挿入など、中絶手術の描写がそれなりに具体的で私には結構しんどかった。婦人科検診も苦手なので……(得意な人はいないか)。

 この辺りまでが、最初の30分間。

 けれどここからは一転、ハラハラするけどエンパワメントされる描写が続く。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3590文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者限定
たまたまな日々・日本、下着窃盗は性犯罪じゃないってよ
読者限定
たまたまな日々・GWが終わりかけている
読者限定
たまたまな日々・お友達が引っ越したらQOLが上がった
サポートメンバー限定
たまたまレビュー#11 『ジェンダー・クライム』
誰でも
たまたまな日々・おやすみのお知らせ
誰でも
たまたまな日々・ミッドナイト念仏
読者限定
たまたまな日々・220万円判決のことなど
読者限定
たまたまな日々・アンちゃんの食事のことなど